熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.1.26熊野地磯早朝ショアジギング

最近釣果は必ずあるつっちゃんです。

 

やはり荒れているので釣れますね。

 

 

 

 

さて、この日はお休みをいただいたので地磯に行くことにしました。

 

せっかくの地磯釣行なので、なるべく長い時間釣りがしたいと思い、嫁に7時帰宅ルールの限定解除をお願いしました。

 

 

この日は嫁の用事の手伝いをするということもあってすんなりオッケー♪

 

これで準備は整いました。

 

 

 

そして、朝6時。

 

地磯に到着しましたが、波が結構あるうえ、まだ少し暗いため高い位置から様子を伺います。

 

 

岩の濡れていない場所。

 

波の当たり方。

 

万が一の時の逃げ道。

 

 

私は基本的にビビりなので、とにかく足場が高くても安全な位置からしか投げません。

 

掛かった後のことなんて二の次です。

 

趣味で命を落とすわけにはいきませんからね。

 

 

ある程度釣り座を決め、少し明るくなるまで待機。

 

 

 6時15分くらいからぼちぼち投げ始めます。

 

 

朝マズメとはいえ、七里御浜でのヒラスズキがこの荒れ模様では時合がいつもと違ったことと同じで、朝一が必ずいいとは限りません。

 

 

とにかくいつでもチャンスがあると思って投げ続けます。

 

 

投げるのはモンスターショット95sです。

 

 

モンスターショットでレンジを変えながらジャーキングで誘います。

 

しかし、雰囲気はあるものの魚からの反応はなし。

 

f:id:yasutsuchi2:20210126224844j:image

 

1時間ほど投げ続けましたが一向に反応はなく、ちょっと焦りだしました。

 

 

すると、7時20分頃でした。

 

キャストして表層をタダ巻きしてきてサラシの中に入ったとき、クンッ!とバイト。

 

ちょっと気を抜いていたので、びっくりしました。

 

 

竿先を引っ張られ、慌ててフッキング。

 

 

青物らしいいい重さが乗りました。

 

それでも引きからはハマチサイズだとわかります。

 

 

今回は地磯なうえにサイズも上がってくる時期でもあるので、PEは1.5号を使い、ドラグを強めに設定していました。

 

ネッサエクスチューンのパワーもあり、早々に浮かせてしまい、ランディングに。

 

ランディングとは言え、足場が高く、「高波でずり上げる」なんてことはできないので、最後は思い切って抜きあげました。

 

f:id:yasutsuchi2:20210126224923j:image

 

無事あがり、うれしい久しぶりの青物をゲット♪

 

感動もありますが、それよりも魚が回ってきており、追加できるかもしれないので、写真だけ早々に撮り、キャストを再開し、さきほどと同じラインをトレースします。

 

すると、やはり表層のタダ巻きというか、水面を滑らせるようにスキッピングをしてくるとグンッ!といいアタリ♪

 

やっぱりまだいてくれた♪

 

 

 

すかさず、合わせを入れると。

 

 

フッ・・・

 

 

まさかの合わせ切れ。

 

先ほど抜きあげるときに岩にPEがこすれていたようです(T_T)

 

ちゃんと確認しておけばよかったです。

 

 

そして、ノットを組んで投げなおした頃にはすでに魚はどこかへ行ってしまったようで反応がありませんでした。

 

 

ただ、また回ってくる可能性はありそうだったので、今度は同じくモンスターショット95のコノシロカラーを選びました。

 

 

 

すると、今度は7時50分頃でした。

 

モンスターショットで表層をスキッピングさせて巻いてくるとハマチが群れで追いかけてくるのが見えました。

 

そこで、そのまま追わせて追わせてルアーが足元まで来たときにスッとフォールさせるとグンッ!とひったくるようにバイトしてきました。

 

 

完全に狙い通り♪

 

またもサイズは同じくらいだったので、足元から速攻で抜きあげてランディング。

 

f:id:yasutsuchi2:20210126224940j:image

 

まだいるかなぁと思い、さらにキャストするとやはりまた群れで追いかけてきました。

 

これは食わせられる♪

 

同じように追わせてからスッとフォールを入れると同じようにバイト。

 

 

楽しすぎ♪

 

 

そして、抜きあげようとしたら・・

 

 

フッ・・

 

 

今度は抜きあげるときに魚が暴れてPEが岩にこすれてラインブレイク(-_-;)

 

あああ・・

 

 

私もまだまだ未熟です。

 

 

そして、手持ちのモンスターショットが尽きてしまったので、もう帰ろうか悩みましたが、このような高活性な状況はあまりないことからも続行することを決意。

 

 

次に投げたのはバレットブル130です。

 

 

これまでトップをほとんど投げることなく釣りをしてきたので、トップにはちょっと苦手意識があります。

 

でも、トップの威力は分かっているので、バレットブルを信じて投げてみます。

 

 

すると、投げ始めて早々にバレットブルを引いていると、ガボッ!とバイト。

 

 

トップに出るところを生で見たのは始めてかも?

 

確かにこれは面白い!

 

トップにこだわる人がいるのも納得。

 

 

しっかりフッキングも出来たと思っていたのですが、すぐにバレてしまいました。

 

 

それでもトップで出せたのはいい経験になりました。

 

その後は反応がなくなってしまったうえ、連発したモンスターショットがないという状況も考えて、8時30分で納竿としました。

 

 

今回は5ヒット2キャッチという結果でしたが、久しぶりの青物の引きを楽しめた上に、トップでも1匹出せたのは収穫でした。

 

f:id:yasutsuchi2:20210126230042j:image

 

一方で足場が高く、根ズレの可能性のある場合の対応も考えないと行けないと思いました。

 

もし、70センチクラスが掛かったら抜くことはできないでしょうから‥

 

コルトスナイパーの出番が来るか?

 

f:id:yasutsuchi2:20210126230103j:image

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ CI4+ S100MH+  

リール:シマノ 17 ツインパワー XD 4000XG

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1.5号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 8号