熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.1.25七里御浜早朝ショアジギング

浜が大荒れでもとりあえず釣りにいくつっちゃんです。

 

でも、おすすめはしません(ー ー;)

 

 

 

 

 

さて、この日ももちろん波が高いのは分かっていました。

 

予報では日曜日よりは高くないだろうという甘い考えで6時前に浜へ向かいます。

 

先日までは6時30分前後に時合がありましたが、これだけ荒れると時合はあまり関係ないのではないかと考え、少し早めに入っています。

 

 

しかし、昨日の高波で浜はフラットになってしまい、さらにやりにくい状況に。

 

f:id:yasutsuchi2:20210125184438j:image

※明るくなってからの写真です

 

 

それでもとりあえずは投げられそうなポイントに入り、頑張ってみます。

 

 

今回投げるのはもちろんシャローランナー。

 

ただし、サイズはいつもの90㎜から120㎜にサイズを上げます。

 

というのも、1つは荒れているため濃いサラシの中でも見つけてもらいやすくするためと、少しでも飛距離を出すためです。

 

そしてカラーは昨日カラーチェンジした途端にヒットしたアカキンを使います。

 

 

とはいえ、波が高すぎて投げるタイミングがかなり難しいです。

 

大きな波が来た後にちょっとだけ落ち着くタイミングでキャストし、次の大きな波が来るまでにサラシの中で食わせるという運要素も絡む釣りです。

 

ルアーを回収する前に大きな波が来たらラインごと揉まれて、砂利で切れたり、埋まったりしてしまうので注意しないといけません。

 

そのため、アクションも基本はタダ巻き。

 

余裕があれば、ゆっくり巻いたり、ドリフトをさせたりします。

 

 

そんな感じでタイミングを見計らいながら、キャストを絞って投げていくと。

 

 

開始早々の6時前でした。

 

 

いいタイミングでサラシの中に入り、ドリフトさせるために一瞬止めた瞬間にクンッ!とバイト。

 

 

波が高い時はだいたい魚がかかった瞬間に波にもまれるので、テンションだけはしっかり維持しないとあっという間にバラすか、ラインブレイクが待っています。

 

なんとか第1波を乗り切り、次の大きな波が来て引き波に持っていかれないように自分自身が後ろに下がりながら速攻で寄せます。

 

サイズが小さかったので次の波が来る前に無事ランディング。

 

f:id:yasutsuchi2:20210125184515j:image

 

45センチくらいの小さいヒラスズキでした。

 

 

釣行時間がまだあったため、サイズも図らず、魚を持った写真も撮らず、すぐにリリースして、サイズアップを目指し次を狙います。

 

 

そして、今度は6時10分頃。

 

 

やはり同じようにキャストして、サラシの中に入ったタイミングでドリフトさせるとグンッ!とひったくるようなバイト。

 

今度はちょっとサイズが大きく、何度か波にのまれながらも耐え抜き、大きな波が来たタイミングで一気にずり上げて無事ランディング。

 

f:id:yasutsuchi2:20210125184547j:image

 

昨日のサイズまではいきませんでしたが50ちょいくらいのナイスサイズでした。

 

 

その後もいいタイミングでキャストができることは少なく、投げてもバイトは得られませんでした。

 

そして、6時40分になりタイムリミットで納竿としました。

 

この日は久しぶりに2キャッチできてよかったです♪

 

 

ただ、これは慣れないと厳しいので、やはりあまりお勧めはできませんね(-_-;)

 

 

 

今回はシャローランナー120fがいい仕事をしてくれました。

 

シャローランナー90fよりちょっと扱いが難しいところもありますが、こんなときのアピール力は抜群ですね。

 

さらにアカキンが合っていそうな感じもわかったのでいい収穫になりました。

 

f:id:yasutsuchi2:20210125184608j:image

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ XTUNE S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号