熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.6.26地磯早朝ショアジギング

ようやく梅雨っぽくなってきたのかなと思うつっちゃんです。

 

週末からは雨が多くなりそう。

 

私的には雨は好影響になると期待しています。 

 

 

 

 

 

さて、この日は何狙いで釣行しようか迷いました。

 

というのも、嫁が仕事のため7時には帰宅しないといけません。

 

時間がなければ浜かなぁなんてことを思っていましたが、波もなく、ヒラスズキにもあまり期待ができそうになかったので、時間は短いけれど磯に行くことにしました。

 

4時過ぎには地磯に着き、キャスト開始。

 

投げるのはジャックアイマキノミー40gです。

 

 

 

 

ジグの飛距離は個人的には大きな武器だと思っているのでとにかく遠投してオオモンハタを探っていきます。

 

釣り方はいつもの通りボトムから10〜15巻きしてフォールさせる簡単な釣り方です。

 

 

今朝はさらに一歩進んで巻きスピードと巻き数による浮き上がる高さの感覚を掴めるように常にボトムまでのカウントを確認しながら探ります。

 

それができれば特に中層を探りたい時などのレンジコントロールがある程度可能になると考えます。

 

 

そんな中、開始早々の4時30分頃。

 

ボトムから15巻きほど巻いて、フォールさせ始めたところでラインに違和感。

 

フォールさせるときはサミングしているので、すぐに気づきました。

 

 

すぐにベールを戻し、フッキング。

 

案の定食っていました。

 

 

レンジからすると間違いなくオオモンハタなのでゴリ巻きで一気に浮かせます。

 

そこまで大きくなさそうなので、すぐに浮いてきました。

 

 

 

上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20210627153159j:image

 

30ちょいのオオモンハタでした。

 

本命が釣れるのはうれしいけど、やはりもっとサイズアップしたいところです。

 

 

その後もひたすら投げ続けましたが、反応はなし。

 

 

帰り際にはボトムでやたら重くなったので、これはいいサイズのアカハタか?!

 

 

と思って必死にごり巻きして、上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20210627153215j:image

 

草w

 

途中から生命感がないことに気付いてましたけどね笑

 

 

そして6時30分を迎え、嫁が仕事に行く前に早々に退散しました。

 

 

今度はサイズアップを目指して沖磯でオオモンハタ狙いをしてみたいなぁ。

 

 

 

使用タックル

ロッド:Gcraft セブンセンスTR MOSS MS-1102-TR  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号