熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.6.1地磯早朝エギング

ここ数日エギングを頑張っているつっちゃんです。

 

反応も釣果もありません(T_T)

 

 

 

さて、この日は平日ですが、なんとかアオリイカが釣りたいので気合を入れて磯へ。

 

4時に到着できるように向かい、投げ始めます。

 

使うのはアオリーQロングキャストスローです。

 

 

シーズン的にもボトム付近をスローに誘える方がいいのでシャロータイプを使います。

 

今回は水深が7m前後のはずなので40秒くらいで着底するはず。

 

 

明るくなってからはラインも見ながらフォールさせていきます。

 

そこからゆっくりめのシャクリで左右に広くダートさせるイメージでアクションさせます。

 

右に投げると左から帰ってくるくらい潮は効いているので、あとは回遊してくるかどうか。

 

 

個人的なエギングの考え方ですが

 

イカは基本的にフォールで抱くのは周知の事実です。

 

 

そこで考えるのはしゃくり方の違いはアピールもあるけど、高さ、移動距離を変えるためのものであるということです。

 

 

たぶんエギングをよくする人にとっては当たり前のことなんでしょうが、私はこのあたりを意識してしゃくっています。

 

水深がある場所であれば縦の動きを多めにしてある程度のレンジまで上げてあげてからフォールさせることで広範囲に見せることができます。

 

一方で浅い場所ではシャクリの回数を減らすかスラックジャークで高さをあまり出さずに誘います。

 

 

 

とイメージはばっちりなんですが・・・

 

 

結局イカを釣るためには潮や回遊のタイミングに当たるか、探すしかありません。

 

多少場所は移動しながら投げてはみましたが5時30分まで投げて全くの成果なし。

 

 

やはり1時間30分程度の時間で釣ろうというのが厳しいのでしょうね。

 

 

それでも荒れそうな木曜日まではエギングを頑張ってみようと思います。

 

 

あ、もし私の考え方や攻め方が間違ってて「こうだよ!」というアドバイスがありましたらお願いします。

 

f:id:yasutsuchi2:20210601174851j:image

 

 

使用タックル2

ロッド:ダイワ エメラルダス エア AGS83M

リール:シマノ ヴァンフォードC3000HG

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー4 0.6号 5色色分け

リーダー:デュエル エギングリーダー 30m 2号