熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.11.12七里御浜早朝ショアジギング

最近改めて経験や情報がまだまだ足りていないことを痛感したつっちゃんです。

 

同じようなフィールドにいても、世の中にはすごい人たちがたくさんいますね(ー ー;)

 

海釣りを始めて3年くらいではまだまだです‥。

 

 

 

 

 

さて、この日はいつも通り5時30分に浜に入りますが、波と風が強めの予報だったので、重いルアーも投げられるネッサを持っていきました。

 

浜に出てみるとやはり波が高く、横風も若干あってちょっとやりにくい状況です。

 

 

とりあえず、いつも通りモンスターショット80sのクリアを投げてみますが、潮も速めでフォール中に流されるのでちょっと扱いにくい。

 

 

そこで、念のためにと思って持ってきていたモンスターショット95sにチェンジ。

 

 

 

40gあるこれならボトムもとれて扱いやすいです。

 

 

そして、時合かと思われる6時頃までぼちぼち投げていき、まさに6時になったくらいで隣の方にヒット。

 

上がってきたのはツバスでした。

 

 

 

実はその隣で釣られていたのは新宮市の中華料理店「万惣」のご主人サトルさんでした。

 

サトルさんには以前串本方面に連れて行ってもらったことがあり度々交流させていただいえました♪

 

 

www.kumano-fishing.info

 

 

普段からの超一級フィールドを相手にしているのでさすがですね。

 

昨日はサゴシも釣られたそうです。

 

 

この日はジグでボトムからシャクリだしたところでヒットしたそうです。

 

なるほど、やはりボトムの方なんですねぇ。

 

 

私もすぐに投げてボトムを探ります。

 

すると、その直後にやはりボトム付近からジャークを2回くらいしたところでクンッ!とバイト!

 

 

しかし、残念ながら掛かりませんでした(ー ー;)

 

 

 

回遊のチャンスはその一度きりだったのか、その後は周りも沈黙。

 

ボイルもなく、ナブラもなく6時40分になり、納竿としました。

 

波気もあって雰囲気は良さそうだったのですが・・

 

f:id:yasutsuchi2:20201112174111j:image

 

 

それはそうと、最近、いろんな釣れた情報を聞いていると、釣れている魚によって胃の中にはシラスやキビナゴやイワシが入っていたりと個体によって様々なようです。

 

そうなってくると、釣れるナブラと釣れないナブラがあるのは、やはりメインで捕食しているベイトによりそうです。 

 

つまりキビナゴやイワシを捕食している群れはジグやプラグにも十分反応しますが、エサやシラスを捕食している群れはなかなか釣れないということになります。

 

 

ただ、どの群れが回ってくるかは正直言って運しだい(-_-;)

 

場所にもよるかもしれませんが、こればかりは運を味方につけるしかありませんね 笑

 

なんとか、1匹でも釣りたい!

 

 

明日はちょっと波が高いようなのでどうなるか分かりませんが、がんばりたいと思います。

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ XTUNE S100MH+  

リール:シマノ 17 ツインパワー XD 4000XG

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号