熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.2.18七里御浜早朝ショアジギング

毎日場所を点々としているつっちゃんです。

 

魚を求めて北へ南へ。

 

 

 

 

さて、この日も浜へ行きますが、この日の狙いはサゴシ、サワラと決めて向かいました。

 

 

というのも、昨日はヒラスズキ狙いで入ったものの、波が思いのほかなく、ヒラスズキのボイルは確認できましたが、食ってきませんでした。

 

そして、この日はさらに波が落ちる予報だったので、最初からターゲットとしてヒラスズキは捨て、釣れるか分かりませんがサゴシ、サワラに狙いを絞りました。

 

 

朝5時45分くらいに浜に入ります。

 

この日は激寒の予報だったので、若干薄い新しく購入した黄色のウェアはやめて防寒性能がより高いいつもの赤いイージスにしました。

 

そして、手袋もしたものの寒すぎて指先が痛い(-_-;)

 

そんな状況でも私はめげません。!

 

 

この日サゴシ、サワラ狙いで投げるのはジャックアイエース40gのアカキン。

 

 

飛距離が出つつオールマイティな使い方ができるジャックアイエース。

 

そして、カラーはシルバー青夜光ゼブラと迷いましたが、アピール力の強いケイムラアカキンにしました。

 

 

 

そして、サゴシ、サワラといえば表層!

 

 

という先入観は捨て、この日は40gをフルキャストして、ボトムを取ってからワンピッチでしゃくり、表層付近まで上がってきたらフォールさせるというオーソドックスなパターンをすることにしました。

 

最初は何もなく、徐々に明るくなってくると、手前にはベイトの気配が出てきて、ヒラスズキがボイルしたのが見えました。

 

 

シャローランナー90fに変えて投げたい!

 

という気持ちをグッと抑えて、手前を意識せずひたすらジグを投げます。

 

 

そして、6時頃

 

感覚的に40〜50メートルくらい沖でボトムから2回ほどシャクリ出したあたりでいきなりグッと重くなりました。

 

エビったか?

 

とも思いましたが、そんな感じではなく、根魚のような重さ。

 

走るわけでもなく、でも、生命感はある。

 

なんだろうと思いながらも寄せてきて、波打ち際に近付いたところで‥

 

 

フッと軽くなってしまいました(ー ー;)

 

 

うそーー!

 

まさかのバラし。

 

暴れたわけでもないのに‥。

 

 

引きからすると、根魚やヒラメとかだったのでしょうか?

 

 

まぁ、仕方ありません。

 

気を取り直して、キャストを続けます。

 

 

そして、そのすぐ後の6時10分頃。

 

次も手前から40〜50メートルほど沖で、ワンピッチで上層まで上がってきてからのフォールをさせていると

 

 

クククッ!とバイト。

 

 

すぐにベールを起こし、さきほどのようなことがないように追い合せをします。

 

最近はラテオMLをメインで使うことが多いのですが、いい感じで竿が曲がりますが、引きは軽い。

 

 

その時点で間違いなくサゴシと分かったので、バレないように速攻で勝負をつけるため、ガンガン巻きます。

 

一切抵抗の余地は与えずスーッと上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20210218201604j:image

 

サゴシ!

 

50センチくらいと小ぶりではありますが、私にとっては記念すべき初サゴシ♪

 

 ※過去にサワラは2匹釣ったことはありますがサゴシサイズは初めて笑

 

 

www.kumano-fishing.info

 

 

もうこれで十分!と言いたいところですが、時間もまだ早いので、続投。

 

しかし、それ以降はアタリはありませんでした。

 

 

それでも、お持ち帰りができたことで少し早い6時40分で納竿とし、帰宅しました。

 

 

 

さぁ。明日はどうなるでしょうか♪ 

 

f:id:yasutsuchi2:20210218201625j:image

 

 

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号