熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.2.3七里御浜早朝ショアジギング

ターゲットに迷うつっちゃんです。

 

今回は二兎を追って一兎も得られなかった悪いパターンでした(-_-;)

 

 

 

 

 

さて、この日は波があまりない予報だったので、入ってからターゲットを考えようと考え、6時に浜へ向かいます。

 

波はやはりあまりなくヒラスズキ狙いにしようか、青物狙いにしようか悩みます。

 

 

波がないとはいえ、全くないわけではなかったので、私が下した結論は薄暗いうちはヒラスズキ、明るくなってきたら青物というどっちも狙う作戦でした。

 

 

しかし、たぶんこれは間違いだったかもしれません(-_-;)

 

 

まずは6時から6時30分くらいまではシャローランナー90fのアカキンを投げます。

 

たまに小マシなサラシができるタイミングに集中して投げてはサラシでステイさせて食わせるタイミングを作ります。

 

流れが弱いのでドリフトさせるというよりはストップ的な感じになりますね。

 

 

ただ、反応はなし。

 

 

そして、6時30分頃になりルアーを変えて、モンスターショット95sのストライクイワシを使います。

 

 

 

近頃はブリ系よりもサゴシ、サワラの釣果をよく聞くので、メインターゲットはサゴシ、サワラ寄りに考え、表層のタダ巻きをメインに投げます。

 

たまにボトムまで沈めてそのままタダ巻きをし続けたりもしてみます。

 

 

ただ、これも反応はなし。

 

 

もちろん青物にしても回遊にいかに当てるかが大事なので、とにかく回ってきそうなタイミングで投げ続けるしかありません。

 

 

そして、結局6時45分まで投げ続けてみましたが、ノーバイトで納竿となりました。

 

 

これも仕方ないか、と思いましたが、この日のほかの方の情報を後から聞くと、サゴシが釣れているのが6時30分までに集中していたようでした。

 

 

そのことを知って、私はミスを犯したことに気づきました。

 

 

そうです。

 

今回私は2つのターゲットを狙いにいったがために、ヒラスズキを狙って手前ばかりを投げ続けていたころに沖をサゴシが回遊していった可能性があるということです。

 

 

サゴシは思ったより早い時間帯に回遊しているのかもしれません。

 

さらに、改めて振り返ってみると、ここ最近ヒラスズキは納竿直前に掛かることが多かったということもあります。

 

 

狙う順番がむしろ逆?

 

 

いや、どっちも狙うというオイシイパターンはあまり考えない方がいいのかもしれませんね。

 

 

明日からはさらに波が落ち着きそうなのでとりあえずはサゴシ、サワラ狙いに集中してみようと考えます。

 

 

日々試行錯誤。

 

魚のパターンを掴むまで工夫していきたいと思います。

 

f:id:yasutsuchi2:20210203224545j:image

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS