熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.1.2熊野地磯早朝ショアジギング

毎日何を狙おうか迷っているつっちゃんです。

 

青物も含めてめぼしい情報が全くありません・・。

 

これもまた仕方がないことかもしれません。

 

 

 

 

さて、この日は何を狙おうか迷った末、時期は微妙ですが、水温がいまだ高いことも踏まえ、地磯でオオモンハタを狙ってみようと考えました。

 

本当はフラットフィッシュが釣りたいのですが・・撃沈続きで・・・

 

今回は磯に行って気分転換を。

 

 

というわけで、5時30分頃山に入り、テクテクと山を歩きます。

 

6時頃には磯に到着し、準備を始めます。

 

うっすらと明るくなってきてはいますが、まだちょっと暗いです。

 

 

最初に投げるのはジャックアイクネクネの40gケイムラミドキンです。

 

クネクネは良く飛び、ネクタイのアピール力が強いので、根魚での実績も高いです。

 

 

クネクネの使い方は簡単。

 

フルキャストしてボトムまで沈めてから10巻き程度タダ巻きで巻いてはフォールをさせるのを繰り替えすだけです。

 

オオモンハタは広いレンジを回遊したりするのである程度上の方まで巻いてみるのがいいですね。

 

アカハタ狙いなら10巻きを5巻きくらいに減らすのもアリです。

 

根がかりがちょっと怖いけど。

 

 

そして、1時間ほど投げてみましたが、反応はありません。

 

 

 

日の出を迎え、ずいぶん明るくなってきたので、ジグを変えてみます。 

 

今度はジャックアイマキノミー40gのシルバーブルーグローゼブラです。

 

ネクタイからブレードでのフラッシングにアピール方法を変えてみます。

 

 

こちらも使い方はタダ巻きをするだけ。

 

クネクネと同じです。

 

 

ただ、こちらもなかなか反応がなく苦戦します。

 

 

そう簡単にはいかないとは思いましたがここまで渋いとは・・。

 

足元にはたまに小さなベイトの群れがちらほら見えているのですが・・。

 

 

磯を少し移動しながら投げていると7時40分頃

 

巻いているとククッとわずかなアタリ。

 

 

全然引きませんがたまにクンッ!クンッ!と生命感はあります。

 

上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20210102210255j:image

 

エソ 笑

 

しかもちょっとデカい。

 

というわけで、今年初フィッシュはエソになりました・・・。

 

 

その後も投げてはみたものの根魚からのコンタクトはなし。

 

8時頃納竿としました。

 

 

青物は釣れないし、根魚も釣れない。

 

こうなればやはりフラットに絞るしかないのか・・・。

 

明日はどうしよう( ノД`)

 

f:id:yasutsuchi2:20210102210315j:image

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ XTUNE S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号