熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.1.4七里御浜ナイトアジング

ようやく日の出の時刻がピークに達して嬉しいつっちゃんです。

 

今が1番朝の釣りの時間がないのは仕方がない。

 

‥朝がダメなら夜いけばいいじゃない!

 

 

 

 

さて、そんなわけで、この日は夜に釣りに行くことにしました。

 

夜といえば、シーバスやイカ、アジなどいろいろとターゲットがありますが、今回狙うのはアジです。

 

 

それも、サーフで!

 

アジングと言えば、漁港で1g前後のジグヘッドにワームを付けて狙うライトなイメージが多いですが、今回はあえて広大なサーフで狙うことにチャレンジしてみます。

 

 

実は知っている方も多いかと思いますが、この七里御浜では時期によってはデカいアジが釣れます。

 

それはいわゆる尺アジと呼ばれる30センチクラスだけではなく、40センチクラスも釣れることがあるとか。

 

 

そこで、今回は全くしたことはないジャンルですが、一度やってみたいと思っていたサーフアジングにチャレンジしてみることにしました。

 

サーフでのアジングは漁港とは違い、当然1gなどのジグヘッドでは話になりません。

 

なるべく沖に飛ばすためにフロートを使います。

 

 

今回は完全な手探りなのでとりあえず手持ちのシャローフリーク10.5gに0.8g、1.5g、2gのジグヘッドを準備しました。

 

ロッドはエメラルダス、リールは16セルテート2500番台にラインがPE0.6号です。

 

完全にエギングの流用です 笑

 

 

 

このサーフアジングというのは夜、広大な海に向かって小さなワームを投げてスローに誘うというかなりハードな釣りになります。

 

 

 

そして、夜9時過ぎに真っ暗なサーフの波打ち際に立って思いました。

 

 

釣れる気なんて微塵も感じられない と 笑

 

 

ただ、最初の1匹を釣るまでに時間がかかるというのは仕方のないこと。

 

とにかく合っているかはわからないけど考えながら投げ続けるしかありません。

 

 

そんなわけで、ひたすら投げては表層や5カウント、10カウント、15カウントなどレンジを刻みつつ、ゆっくりただ巻きやストップ&ゴー、チョンチョンと軽くしゃくってはフォールなどいろいろと試します。

 

ただし、この釣りは完全に回遊待ちなのでその時、そのレンジとその位置にワームがないと釣れないと思われます。

 

 

なるほど。

 

まさに修行と言われる釣りなだけのことはありますね(ー ー;)

 

かなりの忍耐と集中力が必要とされます。

 

同時にあっという間に時間が過ぎていきます。

 

 

すると22時30分ごろ

 

1.5gのジグヘッドにクリア系の2.5インチほどのワームを使って投げていると5カウントくらいの深さでフワフワさせていると

 

 

‥コン

 

 

というアタリ?と思わせるような微かなバイトがありました。

 

すぐに合わせを入れましたが乗らず。

 

 

アタリかどうかは正確には分かりませんが、アタリだとしたら間違いなくアジのアタリでした。

 

 

すぐに投げ直しましたが一瞬の回遊だからか、次はありませんでした。

 

結局0時くらいまで投げましたが、その後アタリのようなものは得られずでした。

 

 

 

かなりハードな釣りでしたが、これは面白いかもしれない♪

 

また行きたくなってきました!

 

f:id:yasutsuchi2:20210105144508j:image

 

ただ、朝起きると嫁からちょっとお咎めがあったので、行きたいけどなかなか行けないかもしれないです(T-T)

 

新たなジャンルをさらに開拓したいですね♪

 

でも、本音はたまには癒される釣りもしたい笑

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダス エア AGS83M

リール:ダイワ 19セルテート 2508PE

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 0.6号 5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 2号