熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.1.26尾鷲早朝ショアジギング

嫁がインフルにも関わらず2日続けて釣りにいく鬼畜なつっちゃんです。

 

ひどい夫だと思わないでください(-_-;)

 

実際に嫁は本当に元気で、ちゃんと合意も取っているのでくれぐれも家庭環境を心配しないでください笑

 

 

 

 

 

さて、この日はちょっといつもと違う場所に行ってみようと思い、早めの5時に起きて、ぼちぼち準備して出かけます。

 

 

天気は‥なかなかの雨。

 

しかし、こんな時の方が釣れると信じます。

 

 

6時くらいに着きましたが、まだまだ暗いのでゆっくり準備して薄明るくなってきたところで投げ始めます。

 

投げるのはまずシャローランナーから。

 

 

 

投げているとカマスが回ってきて小魚を追いかけまわしているのが見えました。

 

これは青物も付いてるか?と思って投げ続けましたが

 

f:id:yasutsuchi2:20200127190135j:image

 

ベイトになってほしい方が食ってきました(-_-;)

 

 

 

 

カマスのボイルは見えても青物のボイルは見えません。

 

 

カマスが落ち着いてしまったところでモンスターショットに変えてレンジを下げます。

 

 

 

 

ボトムまで落としてジャークさせたり、タダ巻きしたり、ストップ&ゴーで巻いていると

 

中層でゴッ!というアタリを感じた瞬間にテンションが抜けました。

 

 

リーダーは生きているのにルアーだけなくなっていました(ー ー;)

 

切られたのかな?

 

まさかノットがちゃんと出来てなかったのかな?‥

 

 

気を取り直してルアーをつけますが、なんとまさかのヘモンスターショット切れ。

 

念のため持っていたヘビーショットをつけます。

 

 

ヘビーショットはモンスターショットに比べて10g軽いのですが、飛距離はなかなか。

 

しかし、フォールが遅く、着底が分かりにくいうえに、どうしても浮きやすいので深いレンジを巻きたいときの使い勝手はやっぱりモンスターショットに軍配があがります。

 

遠浅サーフなどであればヘビーショットの方が使いやすいかもしれませんね。

 

動きはヘビーショットの方が大きいのでアピールも大きいですしね。

 

 

 

そして、ヘビーショットをとにかく投げ続けていると小魚が一瞬ザワついた直後、近くを通したらククッとアタリ

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200128074500j:image

 

メッキでした(ー ー;)

 

まだいるのか‥。

 

よくこのサイズのルアーを食いにくるよなぁ。

 

 

 

そしてその後は特に何もないまま時間だけが過ぎていき、8時30分頃納竿することにしました。

 

小物しか釣れませんでしたがいつもと違う場所で楽しかったです。

 

また機会があればきてみましょう♪

 

 

 

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ CI4+ S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1.5号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号