熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.10.26七里御浜早朝ショアジギング

毎日次の日の朝のことしか考えていないつっちゃんです。

 

その日の朝の釣りが終われば明日はどのような攻め方で、どうやって釣ろうとばかり考えています。笑

 

 

 

 

 

さて、この日も浜へ。

 

昨日はヒラメが釣れたものの、青物はさっぱりだったので、どうしようか迷い、すこし場所を移動することにしました。

 

そして家を出て朝5時30分頃に浜につき、まだ若干薄暗い中でも昨日のオイシイ思いが忘れられず、モンスターショット80を投げることにしました。

 

 

1投目。

 

キャスト!

 

飛んでいくモンスターショット。

 

 

・・・ラインを残して。

 

 

え???

 

PEが切れてモンスターショットだけが飛んでいきました。

 

この切れ方は何度も経験があるのですぐに原因がわかりました。

 

 

そう。トップのガイドリングが欠けていました。

 

 

昨日の最後の方にキャストしたときちょっと竿先が砂利に当たってしまったので、もしかしたらその衝撃で欠けたのかもしれません。

 

竿をもっと大事にしないと(-_-;)

 

 

ガイドリングが欠けたことも、昨日ヒラメを釣ったモンスターショットが飛んで行ってしまったこともショックですが、嘆いていても仕方のないこと。

 

今はこの朝マズメを逃さないことのほうが重要です。

 

 

その瞬間ダッシュで浜を駆け上がり、自宅に急ぎます。

 

家についてすぐにネッサエクスチューンを持ち、また家を出ます。

 

そして、ダッシュで浜に戻ります。

 

6時前に帰ってこれたのですが、時間はロスしたもののまだ時合は始まっていない様子。

 

 

ぜぇぜぇ、はぁはぁ言いながら今度はブルピンのモンスターショット80sをつけて投げます。

 

そして、1投目。

 

今度はちゃんと操作下にあるモンスターショット。

 

フォール中に呼吸を整えていきます。

 

すると、ボトムから最初の巻き出しでいきなりゴン!

 

 

キタ!♪

 

 

まさか戻ってきて1投目でかかるとは思っていませんでした。

 

ネッサを使っていながらも、なかなかパワフルな引き。

 

まさかヒラメか?と一瞬浮かれましたが、どうやら引きは青物っぽい感じです。

 

波打ち際まで寄せて、いざ抜こうとしたら・・

 

ポロ!

 

トレブルってバレやすいよねー

 

見えた魚体はサイズの割に体高がありパワーもあったので、シオだったのかもしれません。

 

 

引き続きモンスターショットを投げていきますが、反応はなし。

 

 

そして、6時頃になると少しずつ水面がバシャバシャし始めました。

 

隣の弓角のおっちゃんは早々に1匹釣っており、そんなのを見せられるとナブラ打ちをしたくなります。

 

そこでまずは、ジャックアイマキマキに変えて表層を引いてみます。

 

 

いいとこを通したと思ってもなかなか食わない。

 

 

そんな時は表層じゃなくて若干沈ませてのただ巻き。

 

するとクンッ!と当たったけど乗らない。

 

 

これはどうしたものか‥。

 

 

ナブラは定期的にあるもののなかなか食わせることができなくてどうしようか悩んでたらちょっと離れたところにいる方がヒット。

 

しかもジグを投げていた方。

 

 

その方が魚を釣り上げて、絞めてから再度キャスト。

 

 

魚を釣った人は必ず次も再現性を求めるので同じパターンでアクションするはずです。

 

 

そんなリアルタイムに釣れている人の情報は貴重です。

 

 

観察させてもらっているとどうやらボトムまで落としている様子。

 

 

なるほど。

 

あえてナブラではなく沈んでいる魚を狙っているのか!?

 

 

そこで、ナブラの食いが悪いということはベイトは小さいはずなので、少しでもシルエットを小さくしようとジャックアイTGスイムの30gを付けます。

 

 

そして、キャストし着底後ゆっくり大きな縦ジャークを2回ほどしたとき、ゴン!といいバイト。

 

 

ネッサエクスチューンでもなかなか楽しませてくれるくらいの引きになってきました。

 

波打ち際まで寄せてきて

 

今度こそバレるなよ!

 

と思って擦りあげたとき!

 

 

ポロッ!

 

 

あああああ!

 

ただ、斜面で転がっていく魚に、今度はすかさずダッシュして手ですくって上に放り投げます笑

 

f:id:yasutsuchi2:20201026221832j:image

 

今度はなんとかキャッチできました。

 

6時30分頃のことでした。

 

 

f:id:yasutsuchi2:20201026221844j:image

サイズは40センチを超えてきていました。

 

餌をしっかり食べているのか、ずいぶん立派になり、プロポーションも心なしかいい感じです。

 

 

その後、比較的大きなナブラは移動していってしまい、ぽつぽつとたまに小規模のナブラが出るような感じになってしまったので、この日は納竿することにしました。

 

f:id:yasutsuchi2:20201026221904j:image

 

 

七里御浜名物の食わせるのが難しいナブラが出てきましたね。

 

おそらく薄暗いうちなどはジグでも食ってくるかもしれませんが、明るくなってしまうとちょっと攻め方を工夫しないと思わぬ痛手を食うことがありそうです。

 

 

ただ、釣れたらサイズがよくなってきた青物が楽しませてくれると思います。

 

 

中には50センチ近いハマチも上がっていたり、真昼間でも釣れたり、夕方もナブラが沸いたりとかなりにぎやかなようです。

 

 

非常に楽しくなってきましたので、少しでも長く続いてもらい、楽しませてもらいたいものですね。

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ XTUNE S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号