熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.11.09七里御浜早朝ショアジギング

先日の真鯛が美味しくて感動したつっちゃんです。

 

煮つけ、鯛茶漬け、漬け丼、塩焼きといろいろな形でいただきました♪

 

f:id:yasutsuchi2:20201110200020j:image

 

 

 

 

さて、この日は平日になり、浜も昨日のにぎやかさはいずこへ。

 

いつも通りまばらな状態。

 

 

5時30分に浜に入り、準備をします。

 

とりあえず投げるのはモンスターショット80sのクリア。

 

 

 

最近いろんな人がこれを使って釣果を上げているのでなんだかうれしいです♪

 

その分品切れが多いようですが(-_-;)

 

 

そして、この日はというと結果から言うとナブラはなく、単発ボイルがあったりボイルした近くに投げて表層付近をタダ巻きしていたら1バイトはあったものの乗らず。

 

6時45分で終了でした。

 

f:id:yasutsuchi2:20201109210207j:image

 

この日の結果は別として

 

ここ最近の釣行で気になることがいくつかあります。

 

 

1つ目は餌釣りの人が増えており、好調だということ。

 

特にこれまでは朝マズメで餌釣りの人が釣れることはなかったのですが、この日は薄暗いうちから何回もウキが沈んではツバスサイズが釣れていました。

 

考えられることとしては、今まで捕食していたベイトがいなくなって餌に付いているのかもしれません。

 

ブリ系は偏食しだすととことん偏食するため、餌に付き始めると何かきっかけがない限り餌しか食わない可能性があります。

 

 

これはルアーマンにとってはちょっと痛い状況。

 

ただ、毎年このパターンは必ずあります。

 

 

そして、2つ目が先ほどと関連しますが、波打ち際にいたベイトの姿が見えなくなったこと。

 

いつもはそよそよと泳いでいたシラスたちが見当たりません。

 

そのためか、この日はナブラも出ることもなく、カツオが波打ち際を走ることはありませんでした。

 

 

3つ目は釣れている魚のサイズが小さいこと。

 

この日も餌釣りで釣れている魚や、ほかの場所で釣れている人の魚をみましたが、40センチもないくらいのツバスサイズだったようです。

 

昨日も釣った人のうち何人かはそのくらいサイズでした。

 

 

最近まで釣れていた50センチ弱くらいの群れからちょっと小さめの群れに変わったんでしょうか。

 

 

これらのことは毎日通っている私にとってはちょっと気になる変化です。

 

 

 

まぁ、もちろんこれで調子が落ちたと決めつけるには早すぎますね。

  

明日も釣れると信じてがんばっていきます!

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS