熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.11.19七里御浜早朝ショアジギング

通常営業に戻ったつっちゃんです。

 

朝一でなんとか青物を釣りたいところです。

 

 

 

 

 

さて、この日はいつも通り仕事前の釣行。

 

5時30分に浜に入り、ぼちぼち準備をします。

 

 

この日はずいぶん暖かく、上着がなくてもなんとかなりそうなくらい。

 

波はほどよく、期待できそう。

 

 

最近は6時をすぎないと期待ができそうにないので最初の暗いうちはジャックアイクネクネで赤いアイツを狙ってみます。

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200808142407j:plain

 

カラーはケイムラミドキン、重さは30gを使います。 

 

 

アクションはボトムを取ってゆっくり目のタダ巻きを10回してテンションフォールをするだけ。

 

それを繰り返します。

 

 

しかし、反応はなし。

 

まぁこれは探りの一つということで。

 

 

 

6時を回り、いよいよ青物狙いにチェンジ。

 

使うのはモンスターショット80sのクリア。

 

 

どこで当たるかも傾向がつかめていないので、フルキャストをして沖から手前までボトムから中層までを徹底的に探ります。

 

タダ巻きとジャークの組み合わせをスピードを変えたりして、反応を伺いますが、反応はなし。

 

 

しかし、6時15分くらいになったころ、手前を青物らしき魚が走りました。

 

 

回ってきた!

 

 

と思いましたが、早すぎてあっという間に行ってしまいました。

 

すると、近くにいた人の竿が曲がっていたので、うまくその群れを捕らえることができたみたいです。

 

 

そして、その群れが去ったあとに波打ち際を見ると、ベイトの姿が!

 

f:id:yasutsuchi2:20201119193623j:image

 

ベイトの正体は8センチくらいのトウゴロウイワシ

 

これを追いかけているならジグでもプラグでも間違いなく食ってきますね。

 

 

しかも波打ち際で追い回すというのはなおさら期待が持てます。

 

 

そこで、もう一回回ってくることを期待して、近距離で食わせ能力の高いシャローランナー90fに変更。

 

 

手前を重点的に投げ続けます。

 

 

すると6時30分頃また遠くからナブラが近づいてきました。

 

 

しかし、今度は少し沖の方を通ってきます。

 

 

シャローランナーでぎりぎり届くか届かないか。

 

 

隣にいたデュエルフィールドスタッフの葛原さんはシャローランナーでバイトがあったものの残念ながらかからず。

 

私は食わせることもできず、残念ながら6時40分でタイムアップ。

 

 

1回目のナブラはここ一番で期待できるナブラでした。

 

2回目もジグの方は釣っていたので、釣れるナブラでした。

 

 

それを取り切れなかったのは私の判断が遅く、ルアーチェンジにもたついてたせいもあります。

 

 

・・力不足です(-_-;)

 

 

もし明日もベイトがいれば、シャローランナーから入り、回遊をしっかり狙っていきたいと思います。

 

明日こそ1本釣りたい!

 

f:id:yasutsuchi2:20201119193636j:image

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS