熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.7.13七里御浜早朝ショアジギング

肩回りがボロボロのつっちゃんです。

 

最近かなり酷使しているのでアイシングをしたりします。

 

 

さて、土日は磯に行ったのですが、平日になり、また七里御浜に通う日が始まります。

 

この日も3時30分に起床し、浜へ。

 

天気は曇りですが、見事なベタ凪。

 

 

それでも、とりあえず朝一はシャローランナーでヒラスズキを狙っていきます。

 

正直サラシがほとんどなく、期待薄で投げていました。

 

しかし、4時頃。

 

 

普通にタダ巻きをしてきて波打ち際に差し掛かり、ピックアップ寸前にまさかのバイト。

 

本当に波打ち際の数十センチほどしか広がっていないサラシでも食ってきました。

 

しかし、予想外のバイトに慌てて合わせを入れにいってしまい、まさかのルアーだけ吹っ飛んでくるというありさま・・

 

 

ミスった(-_-;)

 

サラシがどれだけ薄くても暗さや濁りで警戒心が薄れる要素が重なれば食ってくるということがよくわかりました。

 

 

4時30分をすぎ、明るくなってきたので早々にヒラスズキはあきらめジグにチェンジ。

 

投げるのはジャックアイエースの20g青シルバー青夜光ゼブラです。

 

このカラーが一番好き。

 

 

そして、遠投し、ボトムから数回のワンピッチでフォールさせるサイクルを繰り返し、気持ち中層までの間を攻めてみます。

 

 

すると、変えて早々にワンピッチ後のフォールでバイト。

 

なかなかいい引きをするのでダブルか?

 

と思ったら

 

f:id:yasutsuchi2:20200714124556j:image

 

ナイスサイズのワカナ。

 

もはやツバスと呼べるようなサイズになってきました。

 

 

そして、同じことを繰り返していると

 

今度はボトムから1回目のシャクリでゴンッ!とバイト。

 

さっきのワカナより良く引くので、これはナイスサイズのシオかな♪と期待。

 

しかし、上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20200714124544j:image

 

シマイサキという魚のようです。

 

ワカナと同じサイズですが明らかにこの魚の方が引きました。

 

 

そんな感じで30分くらいの間にこの2匹を釣り上げ、5時となったので納竿することにしました。

 

ヒラスズキももちろん楽しいですが、ジグも楽しくなってきましたね。

 

それでもまだまだキープサイズには程遠いです(-_-;)

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS