熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.7.12地磯早朝ショアジギング

オオモンハタが釣りたいつっちゃんです。

 

土曜日も地磯に行きましたがメインは釣れず小物ばかりでした。

 

f:id:yasutsuchi2:20200712211340j:image

f:id:yasutsuchi2:20200712211357j:image

 

 

さて、この日は満を持して2日連続の地磯へ向かいます。

 

どうしてもオオモンハタが釣りたいので、場所やリグを変えながら挑戦します。

 

3時30分に起きて、磯へ向かいますが、相変わらず真っ暗な山道は怖い・・。

 

薄明るくなるころ無事到着。

 

 

波はぼちぼちで、ヒラスズキはなさそう。

 

今回は徹底的にオオモンハタ狙いなので、最初に使うのは

 

バルトです。

 

30gのスイミングテンヤに4インチのナチュラルゴールドを使います。

 

 

 

 

今回は本気で狙いに行くためワームも用意しました。

 

今までプラグ、ジグにこだわってきましたが、まずは魚を釣って、釣れるパターンを作りたいのでワームも手段にいれます。

 

オオモンハタは根魚に分類されますが、エサを求めて結構上の層まで泳いできます。

 

その為、狙い方としてはボトムを取ってレンジを意識しながらただ巻きするだけです。

 

 

フルキャストしてボトムをとり、巻きスピードを変えることで、引く距離のレンジを変えて探ります。

 

早めに巻けば早い段階である程度上のレンジに、ゆっくり巻けばボトム付近を引くことができるというイメージです。

 

 

そして、5時過ぎのことでした。

 

キャストして、ボトムをとって気持ち遅めに10回転ほど巻いたところで

 

グンっ!と重みが乗りました。

 

一瞬根がかりかと思いましたがレンジ的にはあり得ないと思ったので、すかさず合わせてゴリ巻き。

 

重っ!

 

本当に海藻でも引っ掛かったんじゃないかと思うくらいの重さ。

 

でも、時折グングンと引く挙動はあるのでオオモンハタと確信しました。

 

 

しかし、手前の駆け上がりまで寄せてきたところで、まさかの根に入られます。

 

これは無理してはダメだと思い、ラインテンションを緩めて暫し放置。

 

1分くらいしたところで竿で持ち上げてみると抜けた♪

 

 

根周りから一気に引き剥がしにかかります。

 

ただ、遠くで掛けてから、とにかくゴリ巻きをし続けたので腕が限界(ー ー;)

 

ちょっと油断した隙にまた手前の根に潜られます。

 

今度も少し待ったら出てきてくれたので、またゴリ巻き。

 

そして、ようやく上がってきたのは40センチほどのオオモンハタ!

 

f:id:yasutsuchi2:20200713082630j:image

 

ようやく会えました♪

 

40センチでこんなに引くのなら50センチにもなったら‥(ー ー;)

 

 

1匹釣って余裕もでき、ある程度釣れるイメージが湧いたので今度はジグに変えて、さらに沖の深場を狙うことにします。

 

使うのはジャックアイマキノミー。

 

40gのブルピンです。

 

 

マキノミーは本来SLJ(スーパーライトジギング)用として売られていますが、ブレードが付いていたり、リアフックがトレブルじゃない部分が根魚狙いにも使えるのではないかと思っていました。

 

これもフルキャストしてただ巻きするだけです。

 

そして、6時30分頃キャストして20カウントフォールさせてから巻き始めたときに

 

 

グンッ!とバイト。

 

これはオオモンハタ♪

 

 

先ほどと同じくらい引きます。

 

今回もまた遠くで掛けたのでゴリ巻きが大変(ー ー;)

 

疲れてきたところを手前の沈み根に入られますがなんとか引き剥がし無事ランディング。

 

f:id:yasutsuchi2:20200713082651j:image

 

先ほどと同じくらいの大きさでした♪

 

この2匹以外に30センチくらいのオオモンハタやシオも釣れましたがリリース。

 

 

そして大満足で7時ごろに納竿しました。

 

オオモンハタのバイトといい、パワフルな引きといい、これはかなり楽しい釣りですね。

 

休みは七里御浜でのヒラスズキか磯での根魚か迷います。

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200713130047j:image

 

 

しかし、今回の釣行で改めてネッサMH+の万能さがよく分かりました 笑

 

サーフロッドでありながらサーフだけではなく、磯のある程度の青物、ヒラスズキ、根魚まで十分対応できる素晴らしいロッドですね。

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ CI4+ S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号