熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.1.31七里御浜早朝ショアジギング

先日の大荒れで七里御浜の状況が変わってきたと考えているつっちゃんです。

 

大荒れ後、七里御浜沖の定置網に青物がまとまって入っているのが気になっていました。

 

 

 

 

 

さて、この日は久しぶりに仕事前に七里御浜に出かけました。

 

前日インスタを見ていたら七里御浜でサワラを掛けたという方もいらっしゃったので、もしかしたらと思ったわけです。

 

 

6時過ぎに家を出て浜へ。

 

f:id:yasutsuchi2:20200131130020j:image

 

波足もある程度短くなって釣りやすくなっています。

 

 

昨日サワラが掛かったのであれば投げるとしたらやっぱりミノーかなと。

 

お気に入りのシャローランナー90のコノシロカラーを信じて投げます。

 

 

 

余談ですが、シャローランナー90は10gとかなり軽量です。

 

広大な七里御浜でそんなプラグを使うの?って思われそうですね。 

 

 

実際シャローランナーは重心移動システムによって飛距離が伸びるとは言え、メーカー発表でのMAXは50メートル。

 

しかし、多分私のタックルセッティングでは飛距離はもっと落ちるでしょう。

 

 

それでも朝一の時合狙いに限って言えば問題ないと思っています。

 

というのも、何度かブログでも書いていますが、朝一はベイトが接岸する可能性が高く、もし接岸してきたら青物もついていて、捕食しやすい岸際まで追い込んでくるので、食い気のある魚は間違いなく岸際で食ってきます。

 

 

もちろん飛距離が出るに越したことはないのでしょうが、それよりもベイトに合わせたレンジや「軽さ」、サイズが重要ではないかと私は思っています。

 

七里御浜の今はシラスがメインのベイトと考えられるので、やはり軽さとサイズでシャローランナーが合っていると考えました。

 

 

そのシャローランナーを手返しよく投げていきます。

 

すると6時20分頃でした。

 

 

波が巻く少し奥でガン!というアタリ。

 

軽いので速攻で引き抜きます。

 

上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20200131221405j:image

 

 

ヒラスズキでした♪

 

サイズは45センチくらいでそんなに大きくないけど嬉しい1匹!

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200131221559j:image

 

朝の短時間でヒラスズキが釣れたら十分♪

 

そう思ってぼちぼち写真を撮って、血抜きをして満足気。

 

 

しかし、あがるにはまだ少し早いので、もうちょっと投げてみようと思い、再度キャスト。

 

 

するとその一投目でした。

 

水面でバシャ!とボイルしたかと思ったらググッと竿が引っ張られました。

 

 

ルアーへのバイトだったのか!?

 

 

すかさず合わせるとなかなかの重量感。

 

ドラグも出されます。

 

 

波打ち際まで寄せますがなかなかタイミングが合わずランディングできない(ー ー;)

 

そして、なんとか波に乗せてランディング。

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200131230133j:image

 

相変わらず細いですが70くらいのナイスサイズ♪

 

f:id:yasutsuchi2:20200131232257j:image

 

正味30分くらいでヒラスズキメジロが釣れるなんて出来過ぎです。

 

食わせのシャローランナーがいい仕事をしてくれました。

 

 

 

ただ、何より平日の仕事前にも釣れる時合があるということが分かったのは大きいです。

 

モチベーションも上がったのでまた通うことにしましょう♪

 

f:id:yasutsuchi2:20200131232531j:image

 

 

ただ、6時50分に納竿してすぐに帰って2匹を捌いてたら仕事が間に合わなくなりそうになり嫁に怒られました(ー ー;)

 

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ CI4+ S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1.5号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号