熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でショアジギングをしたり、尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

【番外編】デュエル商品のご紹介

つっちゃんです。

 

 

 

さて、先日ブログでもご報告させてもらいましたが7月からデュエルサポーターとして採用していただきました。

 

 

サポーターの活動をする中でデュエルさんの商品を少し提供していただけるということで今回お願いした商品が到着しました。

 

 

 

箱を開封すると

 

まずはサポーターとしての支給品

 

 

非売品キャップとまさかのモンスターショット。

 

f:id:yasutsuchi2:20190711091642j:image

 

 

モンスターショットはまだ発売されていませんが、8月上旬発売予定ということです。

 

特徴としては今までのヘビーショットと同じサイズ感ながら重さがあるのでとにかく「飛ぶ」ということ。

 

100メートルオーバーも夢じゃないというジグ並みの飛距離が稼げるので七里御浜のようなサーフにももってこいのアイテムです。

 

もちろんシンキングペンシルなので泳ぎもバッチリでジグよりアピール力があります。

 

秋からは七里御浜でも間違いなく一軍の戦力です!

 

個人的にはクリアーがすごく気になる!

 

これは嬉しい♪

 

早く使いたいです!

 

f:id:yasutsuchi2:20190711221026j:plain

ハードコア® モンスターショット | 釣具の総合メーカー デュエル

 

 

そして、私が今回お願いしたのが

 

フィンテールバイブ

ソリッドバイブ

ソリッドスピン

ヘビーショット

X8PRO 0.8号、1.2号

 

f:id:yasutsuchi2:20190711094230j:image

 

です。

 

 

ハードコアシリーズといえばマグネット重心移動搭載で軽いながらも飛距離が出るシャローランナーとミッドダイバーがありますが、私はすでにいくつか所有しているので今回はお願いしませんでした。

 

そのかわり、持っていないジャンルの商品をお願いしました。

 

 

 

まずはフィンテールバイブ

 

f:id:yasutsuchi2:20190711221235p:plain

HARDCORE® フィンテール バイブ | 釣具の総合メーカー デュエル

 

これはバイブレーションよりアクションはおとなしめですがアルミのフィンが魚の体表の色素と似ているため一見地味に見えますがアピール抜群というものです。

 

何を使ってもダメな時の隠し球として使おうと考えてます。

 

 

 

続いて、ソリッドバイブ

 

 

f:id:yasutsuchi2:20190711221425j:plain

ハードコア®ソリッドバイブ(S) | 釣具の総合メーカー デュエル

 

こちらはとにかくタフなバイブレーションというイメージ。

 

中が空洞じゃないのでぶつけても割れることがなく、ワイヤースルー構造なので大型の青物がかかっても安心の強度設計です。

 

ボトムを攻めたいときに使いたいですね!

 

 

 

続いて、ソリッドスピン。

 

 

f:id:yasutsuchi2:20190711221523p:plain

ハードコア®ソリッドスピン | 釣具の総合メーカー デュエル

 

 

こちらは大きなブレードが特徴的ですね。

 

そして塗装が外面に出てないので、砂利でガンガン塗装を削られる七里御浜にはありがたい設計です笑

 

ベイトが小さいときやサゴシ狙いなんかに良さそうですね♪

 

 

 

続いて、ヘビーショット。

 

 

 

.

f:id:yasutsuchi2:20190711221620p:plain

.

ハードコア®ヘビーショット | 釣具の総合メーカー デュエル

 

 

こちらは私も前から愛用しているシンキングペンシルです。

 

ヘビーというだけあって30グラムあるのでまさにぶっ飛ぶペンシルです。

 

冬にメジロも釣ってます♪

 

www.kumano-fishing.info

 

 

極小リップが水を掴むので水面直下もしっかり泳がすことができます。

 

冬場や磯のサラシ狙いで活躍してくれることでしょう♪

 

 

 

最後にラインのX8PROです。

 

f:id:yasutsuchi2:20190711222255p:plain

ハードコア X8プロ | 釣具の総合メーカー デュエル

 

 

今回は2500番用に0.8号と4000番用に1.2号をお願いしました。

 

これまでラインはあまり深く考えたことがなかったのですが、今思えばラインに泣かされた経験って結構あります。

 

ショアゲームにおけるラインの重要性って結構高いんじゃないでしょうか?

 

 

そこで今回は思い切って、いいラインを使わせてもらおうと思ったわけです。

 

耐磨耗性、摩擦抵抗、感度、操作性、真円性あらゆる面で今までのラインとは一味違う性能をとても期待しています。

 

 

とまぁこんな感じの考えで支給していただいたわけですが、これらの製品をしっかりと使いこなし、実績も上げていきたいなぁなんて思ってます。

 

 

f:id:yasutsuchi2:20190711125822j:image

 

七里御浜でこの帽子をかぶってる人がいたらたぶん私なのでぜひお声かけください♪