熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 週末は七里御浜でショアジギングをしたり、尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

12.23七里御浜ナイトエギング

3連休は日月と仕事でしかも朝が早いため早朝ショアジギはお預けです。

 

でも、釣りはしたい。

 

しかもこの日友達たちはヤエンをしに行きました。

 

どうしよう‥。

 

 

 

 

 

というわけで、この日は子どもが寝てから嫁の許可をもらい1時間だけエギングに行ってきました。

 

 

出られる準備が出来たのが22時30分、次の日のことを考えると0時までには帰りたい。

 

そこで場所と選んだ釣りが七里御浜ケーソンでのエギングでした。

 

 

ケーソンに着くとさすが連休だけあって先客がたくさんいます。

 

みなさんヤエンっぽいですね。

 

幸い空いている場所があったのそこに入りました。

 

 

この日はほぼ満月の大潮で0時30分ごろ干潮です。

 

投げるエギは私のお気に入りエギ王Kのブルーポーション

 

 

実績もあるし、この日は月が明るいのでナチュラル系がいいのではないかとイメージしました。

 

 

しかし私はエギングの経験が少なく今期もちゃんとエギングしてなかったので攻め方を思い出しながらシャクリます(-_-;)

 

 

 

何もないまま時間だけが過ぎ去る。

 

まぁヤエンでも釣れてないのにエギで釣るのは難しいよなぁと諦め半分になってきました。

 

 

ただ唯一ヤエンと違う攻め方が出来るとしたら遠投でしょうか。

 

とにかく遠投して探ります。

 

 

するとフォール中に違和感が!

 

 

軽く合わせたら竿に重みがのりました!

 

この抵抗感と独特の引きは久しぶり♪

 

間違いなくイカです。 

 

 

慎重に寄せてきて足元にアオリイカの姿を捉えます。

 

 

 

しかし、ここで問題が発生。

 

ここは足場の高いケーソン

 

そして、大潮の干潮前。

 

タモもギャフもなし。

 

イカのサイズは500グラムくらいでしょうか。

 

どうやって上げよう。

 

 

しかし、考えたって方法はひとつしかありません。

 

抜き上げることにします。

 

 

 

せーの!

 

よいしょ!

 

 

 

はい。足場まで届きませんでした。

 

 

結果、ケーソンの角でラインが擦れてエギごとイカは海へぼっちゃん。

 

 

 

_| ̄|○

 

 

久しぶりのイカだったのに‥

 

長いギャフ買お‥

 

 

 

そして、心が折れて納竿。

 

 

正月用のイカが欲しいし、またリベンジしよっと!