熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.5.3地磯早朝ショアジギング

休みが続けば続くほど体力が奪われていくつっちゃんです。

 

休みの日はつい朝の釣行を長居してしまう上に帰っても二度寝をしないので昼間眠たくてしょうがありません。

 

 

 

 

 

さて、この日は磯へ行きました。

 

というのも、この日は全く波がない予報だったからです。

 

その状況では浜でのヒラスズキはかなり厳しいだろうと割り切り、磯へオオモンハタ狙いに行ってきました。

 

 

4時30分ではもうずいぶん明るくなってきているため一人でも少し安心して山に入れます。

 

磯に着き、5時ごろから投げ始めます。

 

 

今回はターゲットがオオモンハタですが、使うのはジグです。

 

遠投できるジグは回遊しているオオモンハタを広範囲に探るために適しています。

 

 

そして、使うのはおなじみ?ジャックアイクネクネです。

 

 

昨年からオオモンハタ、アカハタ、キジハタとハタ御三家を釣らせてもらっている実績のあるジグです。

 

f:id:yasutsuchi2:20210503201001j:image
f:id:yasutsuchi2:20210503200956j:image
f:id:yasutsuchi2:20210503200952j:image

 

 

今回トップバッターは個人的に一番好きなゴールドオレンジゼブラの40gをチョイス。

 

 

そして、フルキャストして、ボトムをとります。

 

 

そして、10回から15回ほどただ巻きして‥

 

 

と思ったら、1投目の最初の巻き出しからまさかのバイト。

  

 

ただ、サイズは小さいみたいで、ネッサエクスチューンの前には抵抗も出来ず、あっさり寄ってきました。

 

 

そして、上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20210503201036j:image

 

30センチもないオオモンハタでした。

 

サイズは別としていきなりの本命に期待が膨らみます。

 

 

 

ただ、最初が調子いい時は総じて次が続かないもので・・・。

 

 

その後はちょこちょこアタリはあるものの、上がってくるのはすべてエソ。

 

クネクネ以外にもマキマキを使ったりもしますが、釣れるのは全部エソ・・。

 

写真を撮ることすらしませんでした。

 

 

いいアタリと小マシな引きをするので変な期待をさせてきます。

 

 

 

 

釣り方はすべてボトムから10~15巻き+フォールの繰り返しです。

 

 

こんな簡単な釣り方でエソがたくさん釣れますのでぜひ試してみてください!

 

 

 

‥‥‥

 

 

実際はオオモンハタもこの釣り方で釣れますのでご安心ください。笑

 

 

 

そして、エソしか釣れず、7時頃に今回はあきらめて納竿することにしました。

 

 

今回、本命は全然でしたが、これからシーズンになってくるロックフィッシュゲームが楽しみです。

 

 

今年は大きなオオモンハタを釣ってみたいです♪

f:id:yasutsuchi2:20210503201517j:image

 

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ XTUNE S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号