熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.1.21七里御浜早朝ショアジギング

昨日の朝はまさかの寝過ごしたつっちゃんです。

 

実は今朝も寝坊するところでした。

 

アラームが鳴ったのに起きないなんて言う事は考えられないのに何故かと思ったら、セットしていたアラームは6時45分でした(ー ー;)

 

なんという凡ミス。

 

 

 

 

さて、この日は先ほども言った通り寝坊するところでした。

 

しかし、5時50分に偶然目が覚めたのが奇跡でした。

 

急いで準備をして家を出ます。

 

6時過ぎには浜に入り、すぐさま投げ始めます。

 

波は微妙‥。

 

でも、ここ最近釣れてはいるので、可能性はありそうかなというところ。

 

 

最初に投げるのはもちろんシャローランナー90fコノシロカラー。

 

 

 

波がなくてドリフトがしにくいので、ゆっくりめにただ巻きをします。

 

すると、いつもよりちょっと早い6時10分ごろ。

 

ただ巻きをしている時、クンッ!とバイト。

 

 

一瞬待って、合わせをいれるとフッキングはしたものの、エラ洗いで一発フックアウト。

 

残念‥。

 

 

その後も、ただ巻きにバイトはあるものの、いずれもショートバイトで、なかなかのりません。

 

時間は6時30分を前に、いつものボイルはあるものの食わないパターンに入ってきたため、こんな時のために用意していた初お披露目?の秘密兵器を出します。

 

 

それは

 

 

ワームです。

 

 

はい。

 

別に大したことはありません。笑

 

シーバス狙いでも良くある手です。

 

 

ちゃんと機会を選べば、プラグでも引き出せない魚を引き出す力を持っていると思っています。

 

ここぞと言う時の必殺ルアー。

 

 

 

それを投げてただ巻きをしていると

 

ククッ!とバイト。

 

すかさず合わせを入れてしまうと、ショートバイトですっぽ抜けをしないとも限らないので、そのまま竿に重みがのるまで巻き続け、十分竿が曲がったところで合わせます。

 

しっかりフッキングできたことが分かったら、なるべく早く勝負をつけるためにガンガン巻きます。

 

 

一度エラ洗いをされてヒヤッとした場面はありましたが、無事ずり上げてランディング。

 

f:id:yasutsuchi2:20210121154258j:image

 

最近のアベレージサイズの55センチというところでした。

 

 

 

さて、肝心のワームについてですが、こんな感じです。

 

f:id:yasutsuchi2:20210121154312j:image

 

 

3Dジグヘッドの7gにペティシャッド2.5インチのアラハダグローを使いました。

 

 

 

 

 

さらにショートバイト、バラし対策としてアシストフックを付けてます。

 

 

今回は見事にアシストフックで掛かってました。

 

まさにイメージ通りに獲れた1本。

 

狙い通りに出せたことは嬉しく、改めてワームの強さを感じました。

 

 

ただ、ワームの出番は場面によると思います。

 

波の高い時や魚が高活性のときはシャローランナーの方が強いでしょうし、今朝みたいに波がなく、魚はいるけどなかなか食わせられないという時にはワームが威力を発揮するのかもしれません。

 

 

このあたりはまだこれから色々と試していかないと分からないと思います。

 

それでも、新しく釣れる引き出しがひとつ増えたのは私にとっても収穫でした。

 

 

1本獲れた私はほぼ満足し、時間もなかったのでその後数投だけ投げて納竿としました。

 

 

サーフでのヒラスズキゲームは面白い!

 

f:id:yasutsuchi2:20210121154407j:image

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS