熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.6.12熊野川河口早朝ショアジギング

最近ネット上ではヒラメやマゴチの釣果が増えてきて正直羨ましいつっちゃんです。

 

七里御浜でもフラットの存在は聞いたことがありますが狙って釣るのは厳しそうです。

 

 

さて、この日はそんなみなさんの釣果が羨ましく、仕事も休みだったのでヒラスズキとヒラメが狙える熊野川河口に行ってきました。

 

ただ、最近の雨で熊野川は濁り、河口付近も濁っているだろうなぁと予想をしていました。

 

すると

 

 

なんと!

 

まさかの!

 

 

 

 

想像通りのゲキ濁りでした(ー ー;)

 

朝4時前に着き、暗い中でも濁っているのははっきりと分かります。

 

しかも右から左への横風爆風。

 

 

 

そんな条件でヒラメやヒラスズキが釣れるのかは分かりませんが、この強風下で投げられるのはモンスターショットしかありません。

 

 

 

 

モンスターショットを信じて、ボトムをとってからのストップ&ゴーでボトム中心に探ります。

 

河口側からひたすら投げては移動を繰り返しますが、当然他の釣り人は全然いないので釣りやすくはありました。

 

 

めげずに投げていると4時10分くらいにボトムからの巻き始めでグッと重くなるアタリがありました。

 

 

合わせると乗りましたが、若干重いくらいで、全然引きません。

 

それでも、もしかしたらサイズは小さいながらもヒラメではないかと期待しました。

 

 

そして、上がってきたのは

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200613190700j:image

 

イシモチかな?(ー ー;)

 

 

まさかのゲストでした。

 

ヒラメなら持って帰ったかもしれないけど、まだ時間も早く、イシモチは食べたいと思わなかったのでリリース。

 

 

その後は投げども投げども魚からの反応はなし。

 

 

流石にこれだけ濁ってたら魚がいたとしても反応は悪いだろうなぁと半分諦めながらも5時30分くらいまで投げ続けました。

 

 

しかし、世間は平日ということもあり、嫁子どもが起きてくるまでに帰らないといけなかったので、納竿としました。

 

f:id:yasutsuchi2:20200613193253j:image

 

結局イシモチだけしか釣れませんでしたが、それでもこの濁りの中でも食ってくる魚がいることが分かったのは新たな発見でした。

 

それにこの魚が釣れたからこそ、この悪条件でめげずに投げ続けられましたしね。

 

 

ヒラメはまた今度狙いに行ってみましょう♪

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ CI4+ S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエル HARDCORE X8 PRO 1.5号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号

 

 

 

 

さて、ここからはおまけですが、この日は嫁子どもを送り出してから特に予定もなかったので、まったりとキス釣りに行くことにしました。

 

 

餌を買い、大泊海水浴場へ。

 

濁りとうねりが気になりましたが、行ってみるとうねりはあっても思いのほか底荒れもしておらず、むしろ投げてみると魚は好反応。

 

外道も多く、キスもショートバイトで乗らないことが多かったですが、終始アタリは多く、キスもまぁまぁ釣れたので楽しめました。

 

 

そして朝10時くらいから昼飯も食べず15時30分くらいまでダラダラと投げ続けました 笑

 

久しぶりに1日釣り倒したって感じの日でした。

 

f:id:yasutsuchi2:20200613193146j:image

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200613193157j:image

 

f:id:yasutsuchi2:20200613193214j:image