熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.1.6尾鷲ナイトアジング

夜に逃げ始めているつっちゃんです。

 

浜は厳しめです(ー ー;)

 

エサで釣っている人はメジロクラスをぼちぼちあげているそうですが‥

 

 

 

 

さて、この日は仕事から帰ってきて疲れてはいましたが、友達がアジングに行くというのでウズウズ。

 

しかも翌日は嫁が出勤が早い日なので、朝は行けない。

 

 

夜に行くしかないだろうと決心し、すぐに嫁にご相談しました。

 

すると、珍しく嫁からあっさりと許可が出たので驚きでした。

 

ただし、21時以降でという条件がつきましたが‥

 

 

OKが出てからはウキウキ気分で、賢く過ごし、21時過ぎにようやく出発許可がおりました。

 

尾鷲方面へ走り、すでに先行している友達に合流します。

 

友達は21時頃からすでに釣りを開始しており、途中経過報告によるとサイズは小さいけど数はぼちぼち釣れてるとのこと。

 

 

期待して急ぎます。

 

 

そして、到着してすぐに投げ始めますが‥

 

 

あれ?

 

当たらない?

 

 

 

友達曰く

 

私が到着する少し前くらいから一気にアタリが減ったとのこと。

 

月が顔を出して散ったのかなぁ(ー ー;)

 

 

それでも根気強く、表層付近を引いていると微かなアタリが

 

f:id:yasutsuchi2:20200107073351j:image

15センチほどの豆アジ。

 

 

いるのはいました。

 

 けどやっぱり渋い。

 

 

その後もう1匹追加しますが渋すぎて諦めモード。

 

翌日も仕事があるため早めに切り上げようかなという気持ちになってきました。

 

 

友達は豆とは言えすでに15匹ほど釣って、お土産は確保しているのでいつでも帰宅できる状態。

 

1時間ほどしかしてませんが、私も翌日のことを考え賢く切り上げようと思い、一緒に23時頃納竿。

 

 

 

しかし、やっぱり不完全燃焼の私は帰り際にもう一箇所だけ見て帰ろうと思い、寄り道をしました。

 

そこでも豆アジはいたので少し戯れて3匹追加しますが、時間を見るといつの間にか0時(-_-;)

 

 

今度こそ納竿としました。

 

 

アジのサイズが例年より小さい上に数も少ない気がします。

 

そのかわり変なところでカマスが釣れたりするのでよくわからない状況ですね。

 

また、一番相手をしてくれそうなカマスでを釣りに行くことにしようと思います。

 

 

 使用タックル

ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレント ジグヘッドスペシャル 62/TZ NANO  

リール:シマノ ソアレ CI4+ C2000SSPG

ライン:34 ピンキー 0.4号

リーダー:クレハ シーガー エース 1号