熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.6.29七里御浜早朝ショアジギング

天気予報はもはやあまり信じていないつっちゃんです。

 

いい方に裏切られるのでOKです。

 

 

 

さて、この日は東風が強い予報でしたが、最近の予報はあてにならないと信じ、いつも通り出撃。

 

4時に浜へ出ると、若干風はあるものの、釣りにならない状態ではありません。

 

ただ、波もかなり高めですが、上げ潮のためか波があってもサラシが広がらず、状況的には正直かなりやりにくい。

 

 

それでもまずはヒラスズキ狙いでファインダーシャッドを投げます。

 

 

 

相変わらず4時くらいにはアタることはなく、4時30分になってようやくワンバイト。

 

 

しかし、食いが浅いのかフッキングには至りません。

 

そのまま投げていきますが、なんかちょっといつもと違う。

 

サラシの広がりやすい場所を探しながら投げてはみたものの、反応は皆無。

 

今日は釣れないような感じがする・・・。 

 

 

時間は5時30分を回り、すっかり明るくなってきてしまい、帰ろうかどうか悩みました。

 

しかし、これまでの経験で波が高い時、荒れている時というのは思いがけない魚が入ってきてたりしたので、狙いを変えてもう少し粘ってみることにしました。

 

 

そこで、変えたのはジャックアイクネクネです。

 

 

こんな時はマダイが寄ってきそうな予感がしました。

 

 

そして、その2投目。

 

いつも通りキャストしてボトムをとり、10~15巻きほどしてフォールさせる流れを3セットして、4セット目を巻いているとグググ!っとバイト。

 

アタリ方と引きから、すぐにマダイではないとは思いましたが、何が釣れたのか知りたかったので慎重に寄せます。

 

最後のは波に乗ってランディング。

 

 

上がってきたのは

 

f:id:yasutsuchi2:20210630162903j:image

 

小さなオオモンハタでした。

 

思ったより浜でオオモンハタって釣れるもんなんですね。

 

サイズアップしたらさらに面白いのになぁ・・。

 

 

と、ボウズが免れたところでこの日は納竿とすることにしました。

 

f:id:yasutsuchi2:20210630162931j:image

 

ジャックアイクネクネやマキマキなどタダ巻き系のジグは、激しいシャクリで青物を狙いタイプとは違って、タダ巻きだからこそ釣れる魚も釣らせてくれます。

 

いろんな状況に合わせてタダ巻き系のジグもひとつはボックスの中に入れておくといいかもしれませんね。

 

 

それでは今日のハイライトをどうぞ。

 

 

youtu.be

 

使用タックル

ロッド:ツララ TULALA Harmonix ハーモニクス Staccato スタッカート 810MSS-HX

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル HARDCORE X4 PRO 1号 200m

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 50m 4号16LbS