熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.3.17七里御浜早朝ショアジギング

ハクパターンの攻略方法をいろいろと考えているつっちゃんです。

 

今回はそのパターンがうまくはまりました。

 

 

 

 

さて、この日は予報では昨日より若干波があるとのことだったので、再びヒラスズキ狙いで浜へ向かいます。

 

今朝も早めに5時に浜イン。

 

最近の傾向を見ると、5時30分頃から6時までがチャンスタイムかなと感じています。

 

 

今回はまたハクパターンを想定し、その対策を考えてきました。

 

わずか2、3センチというハクを捕食しているヒラスズキにどう口を使わせるか。

 

しかも、水はクリアで、波がない状況。

 

これって結構難易度高いんじゃ・・(-_-;)

 

f:id:yasutsuchi2:20210317141141j:image

 

ペティシャッドでさえこのサイズの違い‥(ー ー;)

 

 

 

そこで、私が今回考えた手は2つ。

 

1つ目の手のキーワードは「スロー+ぼかす」です。

 

ハクは群れで表層をフラフラ浮いていることが多いので、できるだけ表層をスローで引きたい。

 

でも、シャローランナー90fではサイズが大きすぎ、ヘビーショット65sではデッドスローには対応ができない。

 

そこで、手持ちのルアーで考えたのはLGヘビーミノー50のクリアです。

 

ハクのサイズに合わせようと思うと、50㎜でも大きいくらいですが、クリアカラーを使うことでシルエットをぼかし、食わせることができるのではないかと考えました。

 

心配なこととしてはあくまでライトゲーム用なので、それなりのサイズのヒラスズキが掛かった場合フックが耐えられるかです。

 

それでも掛けた後のことを考えるより、まずは掛けることをしてみようと思いチョイスしました。

 

 

そして、もう1つの手のキーワードは「マッチザベイト+目立たせる」です。

 

先ほどのパターンはサイズ感は違ってもカラーでサイズ感をごまかすという手でしたが、今度はサイズ感を合わせるのですが、群れの中にまぎれ過ぎてもだめなので、目立つカラーにすることでヒラスズキに見つけさせるという手です。

 

そのためにチョイスしたのは、カマス釣りでも活躍した3gのジグヘッドにDD8の2インチ香川ブラックを組み合わせた、もはやアジングみたいな組み合わせです。笑

 

クリアで波のない状況で7gのジグヘッドとペティシャッドでは重すぎ、大きすぎるのでさらにサイズを下げました。

 

しかも、ピンテールで微波動に。

 

 

こちらの心配はフックの弱さと軽すぎてラテオで飛ばせるのかという点でした。

 

 

それもやってみないとわからないので、とりあえず何事もチャレンジです笑

 

 

 

と、そんなわけで、今回は最初はヘビーミノー50sクリアからスタートします。

 

6gという軽さにも関わらず、とりあえずはちょっとしたサラシの向こう側には飛びます。

 

そこからデッドスローで巻いてきます。

 

個人的にシンキングタイプのLGヘビーミノーしかもってませんが、フローティングタイプのLGミノーがあればそちらでもいいのではないかと思います。

 

 

しかし、最初は反応がありませんでした。

 

ちょっと明るくなってきた5時30分頃に手前でボイル発生。

 

すかさずキャストしてゆっくり巻いてくると、波打ち際でククン!とバイト。

 

すかさず合わせましたが、乗りませんでした。

 

 

それでも、バイトがあったというのはうれしい反応。

 

攻め方としては間違ってなかったかなと。

 

 

その後、もう少し投げてみましたが、反応がなかったので、ルアーチェンジ。

 

次は3gジグヘッド+DD8香川ブラックに変えてみます。

 

やはり3gは軽いなぁ・・

 

 

1投目。

 

 

あ、全然飛ばない(-_-;)

 

でも、なんとかなるだろ。

 

 

そして、5時50分頃、変えて2投目。

 

着水後タダ巻きでスーッとひいてくると波打ち際でクククッ!と竿が曲がりました。

 

 

一瞬波に巻き込まれただけかと思いましたが、バシャバシャと水面に元気に暴れる魚影が見えました。

 

 

あ、食ってたのね。

 

 

サイズが小さかったのですぐにずり上げてランディング。

 

f:id:yasutsuchi2:20210317141242j:image

 

f:id:yasutsuchi2:20210317141329j:image

 

45センチくらいとサイズは小さいですが、ハクパターンの攻略の糸口が垣間見えた1匹でした。

 

小さかったので、写真だけ撮ってすぐにリリース。

 

 

その後6時になるとボイルも無くなってしまい、雰囲気がなかったので納竿としました。

 

 

 

今回はハクパターンの攻略に小さなルアーを使ってみました。

 

ただ、やはり飛距離が出ないため、有効な場面としては「波打ち際でボイルしている魚を狙いうつ」というところでしょうか。

 

 

それに、どちらも軽すぎて、キャロやフロート用のアジングロッドあたりの方がいいかもしれませんね。

 

 

もはやヒラスズキングですね笑

 

でも、いろんな手でヒラスズキを狙うのは楽しいですね♪

 

 

ぜひ皆さんもいろんな手でマイクロベイトパターンのヒラスズキを攻略してみてください。

 

f:id:yasutsuchi2:20210317141340j:image

 

今日のハイライト

 


2021.3.17七里御浜ショアジギング

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS