熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.3.11七里御浜早朝ショアジギング

花粉症が酷いつっちゃんです。

 

昨日は一日中外にいたので帰宅したら目が真っ赤になり目の周りも腫れぼったくなってました。

 

 

 

さて、この日も5時30分に浜へ。

 

少し波は落ちた感じがしますが、相変わらずのヒラ日和に期待感はあります。

 

 

最近釣っていないプラグで釣りたい私はスタートはミッドダイバー95fレッドヘッドから投げます。

 

 

 

沖から誘って手前で食わせるという攻め方を引き続き試します。

 

最後の食わせは引き波でのドリフトからの波にもまれるパターンがメイン。

 

 

最近は下げ潮のタイミングなので引き波に乗せるのもしやすくこのパターンにはリップが大きいミッドダイバーが適しています。

 

 

いつもは手前ばかりを攻めるため、手返し良くどんどん投げますが、このパターンは1サイクルに少し時間が掛かるので、回遊にうまく当たるかがネックですね。

 

 

そして、ミッドダイバーを投げ続けること30分。

 

 

攻め方は間違ってなかった‥。

 

 

攻め方は間違ってなかったんですよ‥。

 

 

 

沖からゆっくり寄せてきて、引き波でドリフトさせて波に揉まれるところでクンクン!っとバイト。

 

 

しかし、合わせるとフワッ!

 

 

 

なぜ??

 

 

回収するとルアーはなく、リーダーは生きていました。

 

どうやらスナップを結んでいたノットが解けた様子。

 

これまでクリンチノットで縛り、ほぼ解けたことがなかったのにここにきて連続?!

 

 

リーダーも昨日から変えたのに信じられません。

 

 

縛り方?

 

リーダー自体が悪い?

 

それともミッドダイバーで引き波に乗せることで負荷が強くて緩む?

 

 

これまでこんなことは全然なかったので訳がわかりません。

 

 

今度から結び方を変えてみます‥。

 

 

その後、今朝は波打ち際でハクの集団がヒラスズキから逃げ惑っているのがチラホラ見えたのでいつもの3Dジグヘッド7gに今朝はペティシャッドのUVクリスマスをセット。

 

 

 

 

UVクリスマスはクリアにラメが入ったタイプ。

 

 

昨日と同じようにクリア系が効くかなぁと思って使ってみます。

 

 

しかし、ハクは逃げ惑ってヒラスズキがいるのは分かっているのにワームには反応はしてくれませんでした。

 

 

もしかしたらカラーが合ってないのかもしれません。

 

やはりパニックピンクグローやアラハダグローの方がいいかもしれません。

 

 

そして、撃沈し、この日も仕事のため6時20分に納竿としました。

 

 

最近ヒラスズキのみで狙っているものの、今朝はまさかのハマチが釣れたという情報がありました。

 

 

単発かもしれませんが青物が釣れたというのは嬉しい情報ですね。

 

サワラも跳ねているのを目撃した方もちょこちょこいるみたいですし、海が賑やかになってくれるといいですね!

 

f:id:yasutsuchi2:20210311160131j:image

 

 

今日のハイライト


2021.3.11七里御浜ショアジギング

 

 

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS