熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住むつっちゃんが年間約300回釣行の釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、オフショアも始めました。DUELサポーター、ジャックアイジグモニターをさせていただいています。

2021.3.10七里御浜早朝ショアジギング

今日から日曜まで仕事で出勤が少し早いつっちゃんです。

 

なるべく釣りには行きたいのですが、釣行時間が短くなると思います。

 

 

 

 

さて、この日も朝5時30分に浜へ入ります。

 

波風ともにヒラ日和継続中。

 

昨日はバラしたのでこの日はなんとか1本釣りたいところ。

 

 

まずは昨日と同じくミッドダイバー95sで少し沖から寄せて、波打ち際で食わせるイメージで攻めます。

 

ゆっくり巻いてきて波打ち際で引き波に乗せてドリフトまたはあえて波に巻かれます。

 

 

最近はこのわざと波に巻かれる釣り方を試しているためPEへのダメージも大きいです(ー ー;)

 

釣行後に確認したら今にも切れそうな時もありました。

 

荒れている日はしっかりとラインのチェックをしないといけませんね。

 

 

私は毎日痛んだ何メートルかは切っているのでどんどんラインがなくなってきます。

 

そうじゃなくても1ヶ月に1回以上ラインを交換するのでなかなか大変ですが、ラインは一番ケチってはいけないところだと思ってます。

 

 

さて、ちょっと横に逸れましたが、ミッドダイバーを投げていると、6時前に手前でボイル発生。

 

 

魚が入ってきたと分かると、ワームの出番。

 

とある3インチのシャッドテールワームのクリア系を使います。

 

 

実はちょこちょこ使っていたワームなのですがなかなかカラーや使い所を見出せてなかったのですが、ちょうど今この状況にマッチすると考え、使用します。

 

ジグヘッドはいつもの3Dジグヘッドの7gです。

 

 

ちょっと沖目に投げて表層をただ巻きしてサラシの中に入った瞬間にククッ!とバイト。

 

合わせた瞬間

 

 

フワッ‥

 

 

あれ???

 

 

回収してみるとリーダーは生きていてスナップだけが抜けていました。

 

普段クリンチノットを使っているのですが、締め込みが甘かったのかな‥。

 

 

気を取り直し、改めて同じワームをセットし、投げます。

 

 

そして、6時5分ごろ。

 

表層を巻いてきて、サラシの中に入った時にちょんちょんと竿先でアクションさせてから、再度ただ巻きをし始めると、ククッ!とバイト。

 

 

今度はしっかりフッキングも決まり、軽かったのもあって速攻でランディングさせます。

 

f:id:yasutsuchi2:20210310110408j:image

 

40センチくらいと少し小さいですが、ショートバイトやバラしてばかりだったので嬉しい1匹です。

 

というかショートバイトの正体はこの子たちなのかな?

 

 

写真だけ撮って、すぐにお帰りいただきました。

 

 

その後もまだ釣れそうな時間帯でしたが、仕事があるため、そこで納竿としました。

 

 

ベイトが小さい中で潮が澄んでいればクリア系のワームはベイトライクでアリかもしれませんね。

 

 

ただ、プラグでも釣りたいなぁと思う今日この頃。

 

 

明日も短時間で頑張りましょう。

 

 

本日の動画


2021.3.10七里御浜早朝ショアジギング

 

 

使用タックル

ロッド:ダイワ ラテオ 100ML・R  

リール:ダイワ 19セルテート LT3000-CXH

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1号 5色色分け

リーダー:デュエル HARDCORE POWERLEADER CN 50m 5号20LbS