熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.8.26熊野地磯早朝ショアジギング

新しい武器を手に入れたつっちゃんです。

 

 

 

さて、今回はその新しい武器を使うために平日にもかかわらず磯へ行ってきました♪

 

ウキウキしすぎて4時に目が覚めたので4時15分に家を出て、5時前には現地に到着。

 

投げる準備をします。

 

 

そして、今回の新しい武器とは

 

f:id:yasutsuchi2:20200826215701j:image

 

ネッサエクスチューンS100MH+です!

 

ネッサには現在3つのランクがあり、

スタンダードが「Ci4+」

フラッグシップが「リミテッド」

その間が「エクスチューン」となっています。

 

今回私は2020年8月に発売されたその「エクスチューン」を購入しました。

 

 

 

 

もちろん長さ、硬さは以前使っていたネッサCi4+と同じ10フィートのMH+です。

 

いままで使ってきたスペックの方が安心感がありますからね。

 

 

S100MH+はネッサの中でも「最強サーフロッド」と呼ばれるものです。

 

カバーできる範囲はジグで65g、プラグで10-56gとカバーできる広さも文句なし。

 

ネッサCi4+とネッサエクスチューンを比べると実はCi4+が172gに対し、エクスチューンが177gと5g重くなっています。

 

しかし、実際に持ってみるとCi4+より軽い!?

 

目に見える違いはというとリールフットの位置が若干上になったことかと。

 

f:id:yasutsuchi2:20200826215718j:image

※左がエクスチューン、右がCi4+です

 

 

もしかしたらそれぞれのパーツの重さも変わってバランスが変わったのかもしれません。

 

 

今はなんの検証もしていないので感覚的なものですが、ラテオから持ち替えても違和感がないくらい軽いです。

 

それくらい素晴らしいバランスかと思います。

 

ほかにもスクリューロックジョイントやカーボンモノコックグリップなど機能性も向上していますがインプレ的な話はおいおいすることとします。

 

 

というわけで、そんなネッサエクスチューンを早く投げたくてしょうがありません。

 

 

今回ジグはジャックアイクネクネの40gを使います。

 

f:id:yasutsuchi2:20200824175823p:plain

 

しっかり後ろを確認してから

 

フルキャスト

 

 

気持ちよく飛んでいくジグ。

 

1.2号のPEに40gのジグで100mは飛びました。

 

なによりキャスト後のティップのブレがほとんどありません。

 

ジグの重みが乗ったときはしっかりと曲がり、降りぬいた後はピタ!っと止まる。

 

さすがワンランク上の竿だけのことはあります。

 

 

そんな降りぬいて気持ちのいいロッドでフルキャストしてはボトムから10巻きをいつも通り繰り返していきます。

 

 

なかなかアタリはありませんでしたが、あきらめず投げ続けていると5時15分頃

 

 

何セットか巻いてきて、50mくらいまで巻いてきていたところで10巻きする中の8巻きくらいでグン!と竿が曲がりました。

 

 

お!!

 

割と中層だったので正直何かわかりませんでした。

 

ちょっと引くけど、青物ではないはず。

 

竿が強すぎるということもあり、全然何か想像もつかないまま寄せてきてランディング。

 

f:id:yasutsuchi2:20200826215747j:image

 

 

中層でバイトしてきたのは30センチくらいのオオモンハタでした。

 

なるほど!

 

 

というわけでネッサエクスチューンの鱗付けはオオモンハタとなりました♪

 

まだまだ小さいのでこの子はリリース。

 

 

その後もマダイを狙って粘るもののアタリはなく、5時45分ぎりぎりまでがんばりましたが追加することはできませんでした。

 

 

それでも幸先良く新しい竿で1本獲れたので良かったです♪

 

七里御浜ではまだちょっとネッサは強すぎる気がするので状況を見ながら使っていきたいと思います。

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ XTUNE S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエルSuper X-wire 8 1.2号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号