熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.3.13七里御浜早朝ショアジギング

七里御浜の釣果も聞かなくなってきたので、そろそろオフシーズンかなぁと書こうと思っていたつっちゃんです。

 

しかしどうやらまだ楽しめそうです♪

 

 

 

 

 

さて、この日もいつも通り仕事前に浜へ。

 

5時30分くらいから投げ始めます。

 

 

波も随分落ち着いて、浜の形状も戻ってきたかなぁと思っていましたが、思いの外まだ駆け上がりが遠そう。

 

最近青物はボイルすら見えないためシーバス狙いにします。

 

最初はシャローランナー90やミッドダイバー95などを投げてみますが、なんか違う。

 

 

どうも飛距離が足らないか?

 

 

おそらく今の浜の形状は波から察するに、駆け上がりは順調に手前に出来てきているものの波打ち際から陸側は未だフラットになっている。

 

そうなると手前にサラシは出来ているがそこは浅いだけで回遊ルートにはなりにくいか?

 

ということは手返しは悪いけど、ある程度距離を投げて駆け上がりの上を通したうえで気付かせて、サラシを通すと食うかもしれない。

 

そんな想像をしました。

 

 

そこで投げるのはヘビーミノー。

 

 

 

ヘビーミノー90は29gあるのでよく飛びます。

 

そしてそのイメージをしながら投げ続けていきますが、反応はなし。

 

 

しかし、投げ続けるしかありません。

 

 

そして、6時10分くらいでした。

 

投げてただ巻きで寄せてきていると、やはり波打ち際でいきなりゴンっとバイト。

 

 

なかなか重量感があったので一瞬青物かと思いました。

 

 

波打ち際でのバイトなのですぐに背中が見えるくらいの位置に寄せられます。

 

しかし、この日はここからが大変でした。

 

 

引き波が強すぎて思うように寄せられません。

 

 

そこまできているのに引き波で一気にもっていかれます(ー ー;)

 

 

めっちゃ焦りました。

 

 

ドラグを締めすぎるとラインブレイクする可能性がありますし、テンションが緩んでしまうとバレる可能性があります。

 

 

そこは私の足と竿、ドラグを使ってなんとかいなし、寄せては持っていかれを何回か繰り返した後なんとかランディング。

 

 

f:id:yasutsuchi2:20200313211541j:image

 

デカっ!

 

ヒラスズキのこのサイズは初めて釣りました。

 

f:id:yasutsuchi2:20200313211614j:image

 

65くらい?

 

体高も厚さもあってかなりずっしりしてました。

 

このサイズでこれだけデカかったらランカーなんて・・・

 

 

ちなみに口からはこんなものがポロリと

 

f:id:yasutsuchi2:20200313211753j:image

 

やっぱりこのサイズのベイトしかいないのかなぁ(ー ー;)

 

 

 

そして、ナイスプロポーションヒラスズキが釣れ、満足したのでこれで納竿としました。

 

 

帰って捌かないといけないですしね。

 

 

 

この日はナイスサイズのヒラスズキが釣れて最高の朝になりました♪

 

 

ここ最近ヒラスズキマルスズキばかりですが、七里御浜でも狙って釣ったらこんなに釣れるものなんですね♪

 

f:id:yasutsuchi2:20200313212508j:image

 

七里御浜は本当に楽しませてくれます!

 

まだまだ通ってみます♪

 

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ CI4+ S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1.5号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号