熊野・尾鷲で釣りする?

三重県熊野市に住む年間200回釣行の釣りバカがただひたすら釣果を報告するブログです。 七里御浜でのショアジギングがメインで休みは地磯に行ったり、たまに尾鷲でアジングしたり、熊野市周辺で海釣りをしています。

2020.3.11七里御浜早朝ショアジギング

 

雨が降ろうが波が高かろうがとりあえず浜には行ってみるつっちゃんです。

 

家が近いことの特権ですね。

 

 

 

さて、ここ数日は雨風や海が荒れてまともに釣りになっていません。

 

この日は天気は回復したので5時30分に浜へ出てはみたものの案の定波が高くまともに釣りになりませんでした(ー ー;)

 

 

七里御浜は横風と高波は大敵です。

 

基本は陸から海に向かっての追い風なのですが、低気圧の位置によっては当然向かい風や横風もあります。

 

遮るものもなく、風裏もない七里御浜では横風はかなり厄介です。

 

 日曜日は横風にやられて釣りにならず、速攻帰宅でした。

 

 

また、波が高くなると浜がフラットになり波足が長く、駆け上がりが遠くなることも釣りにくい条件です。

 

駆け上がりまで50メートルくらいあるのではないでしょうか。

 

こうなると手返しが悪いです。

 

 

それに急深サーフの七里御浜は駆け上がりかキツイ分、手前で一気に波が高くなるので、テンションを張っていてもすぐに波に揉まれてコントロールを失います。

 

ひどい時は巻き上げられた砂利でラインが擦れ、切れることも。

 

 

こういう日はラインも痛むし、ジグなんかあっという間に塗装が剥げるので無理はしないほうがいいでしょうね。

 

ただ、荒れた時に釣れるという話も聞くので悩ましいところです。

 

月曜日も波が高すぎて投げずに帰宅しました。

 

火曜日は大雨予報だったためさすがに行くことすら諦めました。

 

 

 

そして、この日も波がかなり高かったのですが、波が落ち着くタイミングを見てジグを投げてみますが。

 

しかし、やっぱりラインが波に揉まれて何をしているかも分からない状況でした。

 

f:id:yasutsuchi2:20200311081641j:image

 

やっぱりこういう日は大人しくしておくに限りますね(ー ー;)

 

6時20分には帰宅しました。

 

明日は波もさらに収まっているかな。

 

 

荒れた後は状況が変わる可能性があるので淡い期待をします。 

 

 

使用タックル

ロッド:シマノ ネッサ CI4+ S100MH+  

リール:シマノ ステラ 4000

ライン:デュエル スーパーエックスワイヤー8 1.5号 10m毎5色色分け

リーダー:デュエル BIG フロロカーボン 6号

 

 

 

 

 

そういえば、ステラがやっと帰ってきました♪